HOME
すっぽん鍋・実食レビュー・レシピ・作り方


糸田すっぽん養殖場で加工済みすっぽんを購入しました。
購入時の価格は、4200円です。
(2010年1月の確認時は4700円でした)
ちなみに送られてきたのは、オスでした。
生血の焼酎割りつきです。


【スポンサード リンク】

今回用意した食材
・すっぽん(850g←これは今回購入したすっぽんの重さです)
・生姜0.5〜1.0個
・白ねぎ2〜4本(好きな方は多めに)
・豆腐1丁
・春菊2束
・白菜半分
・後は好みで・・・

調味料
・日本酒0.3リットル
・薄口醤油 適量
・みりん・塩 適量
雑炊用
・卵2〜3個
・ご飯2合ほど(残り汁に合わせて)
・のり、ねぎ 好みで

空揚げ
・塩・胡椒 適量
・片栗粉 適量


まず、鍋にすっぽん(肝は入れない!後で入れます)と水をいれ、10分ほど軽くボイルし、アクを取ります。結構出ます。
次に、水洗いをします。
水洗いしたすっぽんと
・水2リットル
・日本酒0.3リットル
・生姜丸々0.5〜1個(臭み取り)
を圧力鍋の中に入れ、15〜20分煮込みます。あまりやりすぎると、身がぼろぼろ崩れます。
圧力鍋は、特に使う必要はありませんあくまで好みです。
無い方は鍋で1時間ほど煮込めば、OKです。
圧力鍋での調理が終ってから、30ほど煮込みます。煮込むほど、おいしくなるそうなので、30分〜1時間ほど煮込みます。
このときに、すっぽんの油が沢山出てるので、すくってこします。こせばスープにコクが出るそうです。
手間隙を惜しまない!
良い感じに白濁してきました!
ここで、醤油・みりん・塩で好みの味に仕上げます。!
土鍋に移し、豆腐・白ねぎを加え、ねぎがやわらかくなるまで煮込みます。
その後、白菜・春菊などを入れて召し上がれ!

雑炊の事を考えて、スープをあまり飲まないように心がけましょう!
雑炊が最高ですからっ!!
肝を入れ、頃合を見て食べてください!
エンペラです。ペラペラのコラーゲンのかたまりです。
すっぽん肉の味ですが、少し歯ごたえのある鳥肉だと思っていただけたらいいと思いますよ。
最後に、たまご・のり・ねぎなどをいれ、雑炊を作ります!これが最高にうまい!
付いてた生血ですが、飲みにくい場合は、オレンジジュースや、りんごジュースなどを入れて飲みやすくして飲んでください!
唐揚げ用にとっておいた肉でから揚げをします!
適当に、塩・胡椒して、片栗粉をまぶし揚げるだけです!
特に味付けはいらないでしょう。
すっぽんの味を楽しんでください!
すっぽんは、地鶏のような感じで!
大変おいしいです!

初めての方は、調理済みをお勧めします⇒オススメ すっぽん鍋


▲トップに戻る HOME